[エアー]テクノロジー

[エアー]テクノロジー

ANA国際線ファーストクラス

ANA国際線ファーストクラスANA国際線ファーストクラス

2013年9月よりANA国際線ファーストクラスに採用。

[エアー]は、ANA日本発着アメリカ・ヨーロッパ路線のファーストクラスに導入されています。多くの有名アスリートが海外遠征などで愛用。支持してきた実績が高く評価されたためです。特殊立体構造で体圧を分散、自然で無理のない寝姿勢を保持し、長時間のフライトをより快適にします。極上の空間にふさわしい質の高い睡眠とともに、心地よい空の旅をお過ごしいただけます。

ANA国際線ファーストクラス

西川は、睡眠について国際統合睡眠医科学研究機構と共同研究しています

西川は、睡眠について国際統合睡眠医科学研究機構と共同研究しています西川は、睡眠について国際統合睡眠医科学研究機構と共同研究しています

筑波大学・国際統合睡眠医科学研究機構(WPI-IIIS)新研究棟内の1階ラウンジのデイベッドに[エアー]が採用されました。

WPI-IIIS(International Institute for Integrative Sleep Medicine)は、睡眠のさまざまな問題に焦点を当て、諸科学の融合的な視点から研究を進める国際的研究拠点で、国内外のトップレベルの研究者が集っています。機構長の柳沢正史氏は眠りをコントロールする脳内タンパク質「オレキシン」を発見し、睡眠科学に新しい展開をもたらした睡眠研究の第一人者です。

GMOアスリーツパーク湯の丸ヴィレッジ

GMOアスリーツパーク湯の丸ヴィレッジGMOアスリーツパーク湯の丸ヴィレッジ

高地トレーニングで疲労した肉体を質の高い眠りによってリカバリーいただくため、湯の丸高原スポーツ交流施設・GMOアスリーツパーク湯の丸ヴィレッジでは、全室に[エアーSI]マットレスと[エアー3D]ピローを導入。睡眠の面からアスリートのコンディショニングをサポートしています。