Air アスリートサポートプログラム アスリートを応援する新しいカタチAiR アスリートサポートプログラム アスリートを応援する新しいカタチ

片岡 大晴(バスケットボール)

取り組まれている競技内容と目標とされているチャレンジを教えてください。

僕の競技はバスケットボールです。今は目標が2つあります。先ずは日本代表に招集されること。これは僕のバスケットボールプレーヤーとしての夢であり目標です。33歳の今でも大切にしている目標です。誰に何を言われようと目指し続けます。2つ目は、1年でも長くプレーできる身体を作る事です。身体が動かなかったり、壊れたりしてはバスケットボールにおいての僕の目標や夢を追う事はできません。

普段のトレーニングや競技で感じられている課題は何ですか?

自分の身体と向き合い、常に程良い身体の状態を保つこと

僕は自分をハードなトレーニング、スケジュールの中で追い込む事が得意です。しかし、その反面そのトレーニングや試合で蓄積した疲労に対しての意識が低く、痛めてから気付き、大きな怪我となってしまう事も過去にありました。自分の身体と向き合い、常に程良い身体の状態を保ちながらプレーやトレーニングをする事が僕には必要な事と考えます。

普段や遠征中などの睡眠についてお聞かせください。

遠征中の睡眠については、あまりにもフカフカで柔らかいベッドがたまにあり、朝起きて腰回りの硬さを感じる事があります。そうなりそうな場合は、部屋にスペースがあれば床にシーツを引いて寝たりしていました。

AiRを使ってみての感想をお聞かせください。

身体が疲れている時でも腰回りも軽く、起きて数分時間が経てば全身もスムーズに動かせる

僕は特に疲労が溜まってきている時、朝起きた時に特に腰回りの硬さや、身体全身の重さを感じる事が多いのですが、AiRのマットレスで寝るようになってから以前よりは、身体が疲れている時でも腰回りも軽く、起きて数分時間が経てば全身もスムーズに動かせる感覚があるのが分かります。

AiRのおススメのポイントを教えてください。

仰向けに寝ても腰だけが沈む事がなく、包み込まれるような心地の良い寝心地が僕は好きです。寝返りもスムーズに出来るのが寝起きの身体の軽さに繋がっているのだと思っています。

愛用中のアイテム

マットレス商品詳細|西川の[エアー]

PROFILE

片岡 大晴(バスケットボール)

2008〜2012栃木ブレックス
2012〜2013京都ハンナリーズ
2013〜2015レバンガ北海道
2015〜2017仙台89ERS
2017〜2019京都ハンナリーズ
2019〜仙台89ERS

ENTRY

アスリートの更なる活躍を応援するため、審査基準に達したアスリートには[エアー]製品の提供を行っております。