Air アスリートサポートプログラム アスリートを応援する新しいカタチAiR アスリートサポートプログラム アスリートを応援する新しいカタチ

松田 祥位(自転車ロードレース)

取り組まれている競技内容と目標とされているチャレンジを教えてください。

自転車ロードレース 、タイムトライアルをしています。目標はオリンピックでメダルを取ること、海外プロチームへ加入することです。
ロードレースは自転車でおなじみ“競輪”とは違い1チーム6〜8名で合計200人にもなる出走人数や、プロでは時に距離300km近くなるレースもあり過酷な登り、下り、平坦、暑さ、寒さに対応し補給食や水分を何度も摂取し、一番短い時間でゴールした人が勝利というレースです。
個人タイムトライアルは一人でコースを走り一番速くゴールした人が勝ちです。空気抵抗を最も重視し自分の力をいかにして出すか、ロードレースよりも精神力、忍耐力が問われる過酷な種目です。

普段のトレーニングや競技で感じられている課題は何ですか?

激しい練習をこなした後のケア

現時点での課題は海外選手と比べてのパワーや体の大きさや、レース展開力の違いです。発達した練習プログラムや栄養学、ロードマップを見習わないといけません。
あとは激しい練習をこなした後のケアです。食事やストレッチなどに注目するのは良いものの、睡眠に課題が出てしまいました。
睡眠はなによりも体を休ませてくれるので最重要視し、色々な方法やマットを試してみるもののなかなかうまく寝付けなかったり起きた時に体が痛いものばかり、そんな時にAiRに出会いました。

普段や遠征中などの睡眠についてお聞かせください。

遠征中ロードレースではツアーレースも多く、各地を転々としながら毎日走ったりもします。その場合ベッドは毎日変わりその都度体も対応していかなければなりません。疲労によりさらに負担のかかるベッドは不利に働くので、持ち歩けて同じ寝心地を作れるAiRポータブルモバイルマットは大きな武器になります。

AiRを使ってみての感想をお聞かせください。

回復のスパンが短くなるような感じで、効率よくトレーニングができている

朝起きた時の体の軽さが際立ちます。
しっかり体を支えてくれるので夜にぐっすり眠ることができ、通気性がよく蒸れないので全くストレスがかからずに休めるので最高の睡眠を引き出すことができると思います。睡眠は大切ということを改めて認識しました。
そして腰も骨格周りの筋肉も嘘のように痛くなることなく寝る時の自分の好きなポジションにすんなり収まるところも好きです(笑)
翌日のパフォーマンスもよく回復のスパンが短くなるような感じで、効率よくトレーニングができていることも実感しています。

AiRのおススメのポイントを教えてください。

単純によく眠れることがお勧めです。強くなりたいと思っている全アスリートにお勧めできます。

愛用中のアイテム

マットレス商品詳細|西川の[エアー]

PROFILE

松田 祥位(自転車ロードレース)

チームEQADS

ENTRY

アスリートの更なる活躍を応援するため、審査基準に達したアスリートには[エアー]製品の提供を行っております。