Air アスリートサポートプログラム アスリートを応援する新しいカタチAiR アスリートサポートプログラム アスリートを応援する新しいカタチ

古谷 拓夢(110mハードル)

取り組まれている競技内容と目標とされているチャレンジを教えてください。

私は、陸上競技の110mハードルをしています。110mHは106.7cmのハードル10台跳び越える競技です。この種目の特徴は、ハードルの高さです。1mを越える障害物は日頃の生活でいうとガードレールより少し高いです。このハードルを全力疾走で連続で超えていきます。ハードルを越える技術やスプリント能力が重要な競技です。現在、東京オリンピックの日本代表になり決勝に残ることを目標として競技に取り組んでいます。

普段のトレーニングや競技で感じられている課題は何ですか?

ハードルをクリアランスする技術練習

ハードルを越える競技ですので、少しでもハードルに当てたりするとバランスを崩してしまい減速に繋がります。ハードルを当てずに、尚且つ、高いスピードでハードルに向かっていくので、ハードルをクリアランスする技術練習を試行錯誤しています。課題としては、減速をせずにリズミカルにハードル間の3歩を走ることです。

普段や遠征中などの睡眠についてお聞かせください。

睡眠はアスリートにとって最も大切な休養手段です。遠征中などは特に、移動やハードトレーニングで疲労が溜まりやすいです。各宿舎によって、ベットが硬い場合や、柔らかすぎることが多々ありますが、AiRポータブルモバイルマットを使ってからどの遠征先での同じ質の睡眠が取れています。いつも同じ環境で睡眠が取れることは、家のリラックスした慣れた環境と同じ睡眠が取れるということです。持ち運びもしやすいので、海外遠征でも持っていくことが出来てどこに行っても同じ睡眠が取れています。

AiRを使ってみての感想をお聞かせください。

疲労が回復しやすくなり練習への意欲が高まりました

フィット感があります。私のような身長が高く重量のあるアスリートでも、柔らかすぎこともなく、ちょうど良い弾力で特に腰の負担がなくなりました。睡眠の質が高くなったので、疲労が回復しやすくなり練習への意欲が高まりました。

AiRのおススメのポイントを教えてください。

遠征用があり、持ち運びがしやすい!硬さや大きさが選べるので、自身の体格にあった最適なマットレスが選べます。私は少し柔らかめが好きなので、本マットレスは最適な柔らかさ提供してくれています。遠征が多いアスリートの方は、マットレスの上に一枚引くだけの手軽さで睡眠質を一気に上げてくれるAiRポータルブルモバイルマットがおすすめです。

愛用中のアイテム

マットレス商品詳細|西川の[エアー]

PROFILE

古谷 拓夢(110mハードル)

110mH 現高校記録保持者.U20日本歴代2位

2013年 7月 第8回世界ユース選手権 400mYH 決勝4位
2014年8月 平成26年度全国高等学校総合体育大会 110mH 1位 400mH1位 110mH 高校新記録
2014年8月2014年日韓中ジュニア交流競技会110mJH 金メダル
2015年6月第21回アジア陸上競技選手権大会110mH 予選敗退
2015年6月第99回日本陸上競技選手権大会 110mH 第2位
2016年6月 第100回日本陸上競技選手権大会 110mH 第5位
2016年7年 2016年世界U20陸上競技選手権大会 110mJH 銅メダル アジアジュニア新記録
2016年9月 第85回日本学生陸上競技対校選手権大会 110mH 第2位
2017年5月 第96回関東学生陸上競技対校選手権大会 110mH 第3位
2018年5月 SEIKOゴールデングランプリ 110mH 第5位
2018年5月 第97回関東学生陸上競技対校選手権大会 110mH 第1位

ENTRY

アスリートの更なる活躍を応援するため、審査基準に達したアスリートには[エアー]製品の提供を行っております。