Air アスリートサポートプログラム アスリートを応援する新しいカタチAiR アスリートサポートプログラム アスリートを応援する新しいカタチ

福本 順哉(グランドソフトボール)

取り組まれている競技内容と目標とされているチャレンジを教えてください。

自分が、取り組まさせて、頂いている競技は、グランドソフトボール(盲人野球)です。
グランドソフトボール(盲人野球)とは、視覚障害者を中心として、行われている日本発祥の野球になります。ルールは、1チーム10人で構成されていて、なおかつ、全盲選手を4人以上入れなければ行けません。
全盲プレイヤーは、アイシェード(目隠し)を付けて、プレーを行います。ボールは、ハンドボールのボールを使い。バットは、野球用のバットを使用します。
自分の今の目標としては、本年度行われる。東日本選手権大会・中日本選手権大会・全日本選手権大会で、常に、緊張感を持ちながら、自分が出来る限りの自分らしい最高のプレーをする事を目標に日々努力しています。
また、一人でも多くの方々にグランドソフトボールの楽しさを知って頂き興味を持って頂く事が目標であり、チャレンジです。

普段のトレーニングや競技で感じられている課題は何ですか?

技術などの更なる向上心と探求心を忘れないこと

どこまで行っても、限界は無いと考えているので、技術などの更なる向上心と探求心を忘れないこと。
打者としては、今まで以上に、今以上に、鋭い打球が打てるように、日々努力を重ねてトレーニングを行って行き、一本でも多く自分自身が納得出来るバッティングを目指したいと考えています。
守備でも、技術の向上をはかって、何処のポディションでも自分らしいプレイが出来るプレイヤーを目指して行きたいと考えています。

普段や遠征中などの睡眠についてお聞かせください。

自分は、普段の練習場所に行くだけで、片道2時間~3時間かっかてしまいます。往復だけで、結構な体力を使います。 良い睡眠が、取れていたかと言うと取れて無かったと感じます。なぜなら、起きた時ですでに、疲れやダルさを感じる時があったからです。
また、睡眠が浅いせいかちょこちょこと起きてしまうことが、多かった為です。

AiRを使ってみての感想をお聞かせください。

質の高い睡眠は、最高のパフォーマンスを発揮する

自分は、AiR SI-HardとAiRポータブルモバイルマットを使用しています。
日頃から、AIRのマットレスを使用させて頂くようになってから睡眠の質がかなり変わりました。
今までは、起きた時に疲れを感じる事があったり、睡眠が浅かったりと決して質の高い睡眠とは言えませんでしたが、AIRのマットレスを使うようになってからは、起きた時の疲れなどを感じる事は無くなり短い時間でもしっかりと眠る事が出来て、1日のスタートが気持ちよく迎えられるようになりました。結果、パフォーマンスの向上に繋がっています。
AiRポータブルモバイルマットは、持ち運び用の袋に入って入るので、とても使い勝手が良く便利です。週末の遠征のお供に最適だと感じています。
この2種類のAIRを持つ事で、質の高い睡眠を取る為の最強の武器を手に入れる事が出来たと感じています。

AiRのおススメのポイントを教えてください。

AiRをお勧めするポイントは、幾つかあるんですが、 一番は、硬さの異なる2種類(レギュラータイプとハードタイプ)のマットから選べる事です。
自分は、実際に寝てみた時に、ハードタイプの方が、自分の体に合っていると感じたので、AiR SI-Hardを選ばさせて頂きました。 AiRのマットレスは、通気性が良く蒸れにくく、寝た際にも柔らか過ぎず硬すぎず、とても気持ちよく睡眠を取る事が出来ています。
また大きさも選ぶ事が出来ます。ここもポイント高いですよね。そして、AiRポータブルも2種類から選ぶ事が出来ます。
体を自然と良い睡眠に、持っていってくれるAiRは最高に良い商品だと感じています。

愛用中のアイテム

マットレス商品詳細|西川の[エアー]

PROFILE

福本 順哉(グランドソフトボール)

2006年 盲学校にて盲人野球(グランドソフト)に出会う
        グランドソフトボール全国学生大会  準優勝
2008年 グランドソフトボール学生関東大会  優勝
        グランドソフトボール全国学生大会  出場
2017年 グランドソフトボール東日本選手権大会 優勝(東京都チーム助っ人)
        グランドソフトボール関東リーグ戦  優勝
        グランドソフトボールクラブチーム インフィニティ結成 監督兼選手
2018年 グランドソフトボール中日本選手権大会  出場
        グランドソフトボール東日本選手権大会 出場
グランドソフトボール全日本選手権大会  全国7位
2019年 グランドソフトボール東日本選手権大会  (出場予定)
        グランドソフトボール中日本選手権大会  (出場予定)
        グランドソフトボール全日本選手権大会  (出場予定)

座右の銘:我は常に挑戦者

 視覚障害になったときに、挑戦をする気持ちを無くしてしまい常に後ろ向きで、何も出来ない時期がありました。そんな時に、挑戦する気持ちを思い出させてくれたのがグランドソフトボール(盲人野球)でした。
何事でも、挑戦出来るということは、とても素晴らしい事だと考えて、それ以降は、何事にも挑戦する気持ちと勇気を忘れないために、座右の銘として、自分の中で常日頃から、考えるようにしています。

ENTRY

アスリートの更なる活躍を応援するため、審査基準に達したアスリートには[エアー]製品の提供を行っております。