Air アスリートサポートプログラム アスリートを応援する新しいカタチAiR アスリートサポートプログラム アスリートを応援する新しいカタチ

吉川 貴史(ホッケー)

取り組まれている競技内容と目標とされているチャレンジを教えてください。

フィールドホッケーは11対11で15分4Qに分けて行われてサッカーに似ていますが大きく違うのはロングシュートがなくてサークルという半円の中からしかシュートができなくて得点が認められません。もう1つはオフサイドがありません。そして選手交代が何回でもできます。ホッケーはハイスピードでスリルのあるスポーツです。サムライJAPANは約半世紀ぶりにオリンピックが出場が決まりました。オリンピックメンバーに選ばれるようにたくさんのことにチャレンジしています。

普段のトレーニングや競技で感じられている課題は何ですか?

ベーシックスキルを見直すこととメンタルが自分の課題だと思っています。

普段や遠征中などの睡眠についてお聞かせください。

海外や国内にたくさん遠征しますがよくあるのがベットがボロボロで腰のあたりがへこんでいて腰が悪くなることです。

AiRを使ってみての感想をお聞かせください。

コンディションが良くなりパフォーマンスが上がりました

腰の痛みが全くなくなりました。遠征先でもAiRのマットレスが使えるのでコンディションが良くなりパフォーマンスが上がりました。

AiRのおススメのポイントを教えてください。

身体にフィットしいてすごくいい睡眠がとれて疲労回復ができています!

愛用中のアイテム

マットレス商品詳細|西川の[エアー]

PROFILE

吉川 貴史(ホッケー)

1994年11月29日生 24歳
滋賀県出身/伊吹小学校→伊吹山中学校→伊吹高校→天理大学→岐阜朝日クラブ(公益社団法人ぎふ瑞穂スポーツガーデン所属 スポーツ指導員)

<国内大会>
2015年2016年大学王座決定戦 優勝
2015年2016年(大学生)2017年2018年(社会人)全日本選手権大会 優勝 2018年 大会最優秀選手受賞
2016年(大学生)2017年2018年(社会人) 高円宮碑ホッケー日本リーグ 優勝 3大会ベストイレブン受賞
2016年岩手国民体育大会(滋賀県代表) 優勝

国際大会 CAP数 76CAP
2016ワールドリーグラウンド2 3位 大会最優秀GK賞 受賞
2017ワールドリーグラウンド2 優勝
アジアカップ 5位
アジアチャンピンズトロフィー 4位
アジア競技大会 ホッケー競技 優勝

ENTRY

アスリートの更なる活躍を応援するため、審査基準に達したアスリートには[エアー]製品の提供を行っております。