Air アスリートサポートプログラム アスリートを応援する新しいカタチAiR アスリートサポートプログラム アスリートを応援する新しいカタチ

蓑島 圭悟(アイスホッケー)

取り組まれている競技内容と目標とされているチャレンジを教えてください。

アイスホッケーは、GKを含む6人対6人の氷上で行われる球技です。ベンチには22人まで入ることができ、交代は自由な上にゴールの裏が使える、フェンスに囲まれているという他の競技には無いルールが醍醐味です。 将来は日本を冬季五輪に出場させることが夢です。

普段のトレーニングや競技で感じられている課題は何ですか?

連戦になると疲労回復が追い付かないことがよくあります

アイスホッケーはボディコンタクトが許されており、防具を付けているものの接触による筋肉の損傷が大きいです。 更に緻密なプレーが要求されるため、精神的な疲労も試合後に襲ってきます。 私のポジションはDFですが、攻撃参加が得意なためチームの誰よりも走ることが多いです。 そのため、連戦になると疲労回復が追い付かないことがよくあります。

普段や遠征中などの睡眠についてお聞かせください。

海外遠征では宿泊先によってベッドの硬さや沈み方が違うため、苦戦してきました。 硬すぎて腰が痺れてしまったり、逆に柔らかすぎて寝返りがうてず...ということが海外ではよくありました。 加えて少し神経質な性格のせいか、連戦になると体力は消耗しているのに気持ちが高ぶってしまい眠れないことが多いです。

AiRを使ってみての感想をお聞かせください。

良質な睡眠は精神的にも安定をもたらしてくれる

使って初日に感じたことは、深い眠りにつくまで時間が短くなったことです。 普段はベッドに入って入眠まで30分ほどかかっていたのが、「気が付けば朝」という状況になりました。 更に、眠りが安定した分寝起きが良く、昼寝をする時間もほとんど無くなりました。 良質な睡眠は精神的にも安定をもたらしてくれるため、イライラすることが減りました。

AiRのおススメのポイントを教えてください。

オススメはやはり寝心地の良さです。 柔らかすぎず、それでいて包み込んでくれるような感触です。 適度な硬さがあるので、寝返りがうちやすく通気性もよく、心地よく眠ることが出来ます。 どこか一辺に体重が偏ることもなく、リラックスした良質な睡眠を得ることが出来ます。 特にポータブルはグローバル化により海外でプレーする機会が多くなる中、アスリートにとって今後必需品になると思いました。 これからも手放せません!

愛用中のアイテム

マットレス商品詳細|西川の[エアー]

PROFILE

蓑島 圭悟(アイスホッケー)

アイスホッケー日本代表
2015年アイスホッケー世界選手権 Div.1A 4位
2016年平昌五輪最終予選 予選敗退
2017年アイスホッケー世界選手権 Div.1B 2位
冬季アジア大会 3位
2018年 ユーロアイスホッケーチャレンジ 2位

ENTRY

アスリートの更なる活躍を応援するため、審査基準に達したアスリートには[エアー]製品の提供を行っております。