Air アスリートサポートプログラム アスリートを応援する新しいカタチAiR アスリートサポートプログラム アスリートを応援する新しいカタチ

取り組まれている競技内容と目標とされているチャレンジを教えてください。

現在はデフサッカーと今年から始めたデフフットサルに取り組んでいます。競技における直近の目標は、2019年に開催されるアジア大会、ワールドカップの2大会の日本代表選手に選出され、それぞれで優勝することです。

普段のトレーニングや競技で感じられている課題は何ですか?

練習量と回復の調整が難しい。

フルタイムで勤務した後に練習を行なっています。特にここ1年半は、国際大会で自分よりも体格に優れている海外の選手と接触しても、勝ちきれるように肉体改造に取り組んでいます。具体的には週3日筋力トレーニングを行っており、サッカー・フットサルの練習も含めると週5~6日の頻度でトレーニングをしています。しかし、体への負担が大きく、仕事の疲労も重なり、練習量と回復の調整が難しい問題が出てきました。

普段や遠征中などの睡眠についてお聞かせください。

国際大会や合宿では、施設によって異なり、布団が硬かったりまたは薄かったりなど体に合わないと、疲労が抜けにくくなります。特に、デフサッカーの国際大会は中1日での試合が続くので、常にベストパフォーマンスを発揮するには、リカバリー、特に睡眠は一つのキーになります。しかし、ベッドが体に合わないものとなると、コンディション調整がより難しくなります。

AiRを使ってみての感想をお聞かせください。

嘘だと思うくらいに目覚めが良くなりました。

ふわふわではなく、マットレスの点が体にフィットし、身体を包み込んでくれる感覚です。寝返りをうってどんな姿勢になってもその感覚は継続します。また、体の一部分に負担がかかっていると感じさせないので、非常にリラックスして眠ることができます。使い始めてからは、自分でも嘘だと思うくらいに目覚めが良くなりました。

AiRのおススメのポイントを教えてください。

睡眠の質を高めてくれるので、アスリートはもちろん、スポーツを頻繁にしない方にとっても重宝されるマットレスなのではないかと思います。

愛用中のアイテム

PROFILE

仲井 健人(デフサッカー)

デフサッカー日本代表。
2018年 第4回アジア太平洋ろう者サッカー選手権大会 準優勝
2017年 第23回夏季デフリンピック競技大会 出場
2016年 第3回世界ろう者サッカー選手権(デフワールドカップ)出場
2015年 第8回アジア太平洋ろう者競技大会 準優勝

ENTRY

アスリートの更なる活躍を応援するため、審査基準に達したアスリートには[エアー]製品の提供を行っております。