Air アスリートサポートプログラム アスリートを応援する新しいカタチAiR アスリートサポートプログラム アスリートを応援する新しいカタチ

取り組まれている競技内容と目標とされているチャレンジを教えてください。

スノーボードアルペン競技は、スタートからゴールまでのタイムを競うスピード競技です。1対のポール又はフラッグ(旗門)の間をターンで通過しながら滑走します。
国内の全日本選手権大会や海外でのFIS大会へ参戦し、ワールドカップ出場を目指します。夏はサマーゲレンデで練習したり長いシーズンを戦うために、雪上だけでなく日々の陸上トレーニングに励み、世界の優れた選手と勝負をしてみたいです。

普段のトレーニングや競技で感じられている課題は何ですか?

いかに質の良い睡眠を取るかが大切。

今の私に足りないことは経験です。競技を始めたのは3年前でまだ経験が少ないので、体のトレーニングだけでなくメンタル面を強くしたいです。
それと同じくらい、トレーニング後の体力を回復させて疲れを残さないように、いかに質の良い睡眠を取るかが大切です。

普段や遠征中などの睡眠についてお聞かせください。

海外遠征では、標高3000mで酸素も薄く時差もあるためグッスリ眠るということはとても重要です。睡眠が取れないと怠くなったり注意散漫になりとても危険になります。
国内での大会は、車中泊の生活が多く車中での快眠が難しいです。宿に泊まった場合でも 背中が痛く真夜中に起きてしまうことがあります。

AiRを使ってみての感想をお聞かせください。

自分が1番楽な姿勢で眠れる

深く眠れて翌朝はスッキリ目覚めています。AiRのマットレスを使用してからは、自分が1番楽な姿勢で眠れるので翌朝パッと気持ち良く目覚めるようになりました。

AiRのおススメのポイントを教えてください。

大会参加や練習のため、シーズン中は毎週末に車で移動します。車中泊には、AiR SIマットレスを使っています。
点で支えるAiRのマットレスのお陰で、体にムリのない快適な寝心地で朝目覚めるまでグッスリ眠れます。今では 無くてはならない存在になっています。

愛用中のアイテム

PROFILE

村田 希空(スノーボード)

PSAプロスノーボーダー。
2018-2019 全日本スキー連盟強化指定選手。
2002年11月1日生まれ 滋賀県出身。

【2017-2018 大会成績】
PSA Asia Championship 3位
PSA Asia GSS presents 真田十勇士cup 4位
全日本ジュニアスキー選手権大会 スノーボード競技 アルペンジャイアントスラローム 優勝
全日本ジュニアスキー選手権大会 スノーボード競技 アルペンスラローム 2位
FIS SAJ公認 2018FIS snowboard PGS 第1回 ジュネス栗駒CUP 3位
第24回 全日本スキー選手権大会 スノーボード競技 パラレルジャイアントスラローム FIS RACE 5位

【スポンサー】
モリヤマスポーツ・UPZ・SKI,FACTORY,MIND・UnlimitGym・BMZ・SMITH・soletech・喜楽亭・B-blue

ENTRY

アスリートの更なる活躍を応援するため、審査基準に達したアスリートには[エアー]製品の提供を行っております。