Air アスリートサポートプログラム アスリートを応援する新しいカタチAiR アスリートサポートプログラム アスリートを応援する新しいカタチ

取り組まれている競技内容と目標とされているチャレンジを教えてください。

私は、筑波大学蹴球部に所属しながら、デフサッカー・デフフットサルの日本代表としても活動しています。また、地域のフットサルチームでも活動しています。2019年にデフフットサルW杯、2020年にデフサッカーW杯、2021年にデフリンピックがあり、そこで世界一を獲ることが最大目標です。また、障がい者スポーツの可能性を広げていくような活動をしていけたらなと思っています。

普段のトレーニングや競技で感じられている課題は何ですか?

睡眠の質を高めることで効率的な疲労回復を図ることが重要。

大学部活動、フットサル活動、代表活動を並行して行っているため、オフの日が少なく疲労が抜けきらないと感じることが多いです。また、デフサッカー・デフフットサルは認知度が低く、その活動資金のほとんどを選手が負担しています。そのため、バイト代で賄う必要があり、バイト・学業・競技活動のバランスが難しく、睡眠の質を高めることで効率的な疲労回復を図ることが重要になってきます。

普段や遠征中などの睡眠についてお聞かせください。

合宿や大会中の施設のベッドやマットレスは簡易的なものが多く、自宅にあるものとは全く異なるため、質の良い睡眠がとれているとは言い難い状況でした。

AiRを使ってみての感想をお聞かせください。

使用する前よりも疲労が残らない状態でトレーニングに望めています。

AiRのマットレスを使用してから睡眠の質が上がりました。
体にフィットするような作りになっているため、体に負担が少ないと感じています。途中で目覚めたりすることもなく、使用する前よりも疲労が残らない状態でトレーニングに望めています。

AiRのおススメのポイントを教えてください。

AiRポータブルモバイルマットを合宿で使ったのですが、とても軽くて持ち運びしやすくて非常に驚きました。高強度なトレーニングが多い合宿などでも、質の良い睡眠が確保できるので重宝しています!

愛用中のアイテム

PROFILE

野寺 風吹(デフサッカー)

デフサッカー日本代表
アジア太平洋ろうあ選手権大会出場(2018年) 
デフフットサル日本代表候補

ENTRY

アスリートの更なる活躍を応援するため、審査基準に達したアスリートには[エアー]製品の提供を行っております。