Air アスリートサポートプログラム アスリートを応援する新しいカタチAiR アスリートサポートプログラム アスリートを応援する新しいカタチ

取り組まれている競技内容と目標とされているチャレンジを教えてください。

アルティメット (ultimate) は、バスケットボールとアメリカンフットボールを合わせた様な競技で、フライングディスクを使用します。100m×37mのコートで7人ずつ敵、味方に分かれて一枚のディスクを投げ、パスをつないで、コートの両端から18m以内はエンドゾーンと呼ばれる場所を目指します。エンドゾーン内でディスクをキャッチすれば得点が記録されます。
現在は2年後の世界選手権にへの日本代表として出場、金メダルを獲得を目指しています。

普段のトレーニングや競技で感じられている課題は何ですか?

競技と仕事を両立し、その中でコンディションを整えなければならないこと

競技と仕事を両立し、その中でコンディションを整えなければならないことが課題です。平日社会人としてフルタイムで仕事をし、土日に試合や練習などを行っているため、平日の疲れを回復できないまま練習に臨むことになってしまったり、土日の疲れを回復しきれないまま平日を迎えてしまうこともありました。また、年齢を重ねるごとに回復が遅くなり、月曜日の朝に体調が優れないこともありました。

普段や遠征中などの睡眠についてお聞かせください。

早朝から長距離移動をして、大会に臨むことが多く、普段の練習とは違った疲労感がありました。また、宿泊先によって睡眠環境が違い、疲れを回復しきれないまま翌日を迎えたり、布団が合わず朝起きると腰や首などに痛みがあることもありました。

AiRを使ってみての感想をお聞かせください。

アラームが鳴る前にスッキリと目を覚ますことが多くなりました

体にフィットしてくれるので、スムーズに眠りにつくことができ、アラームが鳴る前にスッキリと目を覚ますことが多くなりました。また、AiRポータブルモバイルマットを使用することで、遠征先でも自宅と同じような環境で眠ることができ、高い睡眠の質を維持できていると思います。

AiRのおススメのポイントを教えてください。

体へのフィット感と触り心地の良さです。また、遠征先用のAiRポータブルモバイルマットがあることも魅力です。

愛用中のアイテム

PROFILE

吉田 亮太(アルティメット)

【全日本アルティメット選手権】
2008、2009、2012、2016、2018年:準優勝
2017年:優勝

【アジア・オセアニアアルティメットクラブ選手権
2017年:優勝

【世界アルティメットクラブ選手権】
2014年:11位
2018年:6位

ENTRY

アスリートの更なる活躍を応援するため、審査基準に達したアスリートには[エアー]製品の提供を行っております。