Air アスリートサポートプログラム アスリートを応援する新しいカタチAiR アスリートサポートプログラム アスリートを応援する新しいカタチ

取り組まれている競技内容と目標とされているチャレンジを教えてください。

車いすテニスは、ラケットを持った状態で巧みに車いすを操作します。一部のルールを除いては、一般のテニスと変わらず、テニスの魅力が存分に味わえる競技です。
私の目標としているチャレンジは、東京パラリンピック出場、ロサンゼルスパラリンピックでのメダル獲得です。

普段のトレーニングや競技で感じられている課題は何ですか?

 学業と競技の両立をしており、質のよい睡眠時間の確保が必要。

チェアワークを駆使して、ストロークに入るための準備が出来ていないため、少しでもよいポジションをとるために、より多く動くようにしなければいけません。
そのためには、体力が不可欠ですが、学業と競技の両立をしており、質のよい睡眠時間の確保が必要です。

普段や遠征中などの睡眠についてお聞かせください。

遠征中では、慣れないベッドで寝つきも悪い上、柔らかかったり固かったりして、倦怠感がでてしまいます。

AiRを使ってみての感想をお聞かせください。

寝返りを打つ回数が減り、ぐっすり眠ることができています。

毎朝目覚めがよく、「快眠」を実感しています。寝返りを打つ回数が減り、ぐっすり眠ることができています。

AiRのおススメのポイントを教えてください。

私は、常時車いすを使用している為、腰痛の悩みを抱えています。身体にかかる圧力を分散させてくれるため、身体負荷が軽減され、毎日快適に過ごせます。

愛用中のアイテム

PROFILE

船水 梓緒里(車いすテニス) 
2000年生まれ 高校2年生
中学1年生の時に、海での事故により、脊髄を損傷。車いすテニスを始めてから、ジュニア大会で優勝を重ねてきた。レフティーならではの球筋で相手選手を崩し、試合展開をするのが持ち味である。
ITF世界女子ランキング29位 世界ジュニアランキング位 (2018.03.26付)

2018/1 世界ジュニアマスターズ選手権 単・準優勝 複・優勝
2017/10 NSW Wheelchair Tennis Open 単・優勝 複・優勝
2017/5 ワールドチームカップ(世界国別選手権)7位 日本女子代表
2016/5 ワールドチームカップ(世界国別選手権)7位 日本ジュニア代表
                  Team of the year受賞

ENTRY

アスリートの更なる活躍を応援するため、審査基準に達したアスリートには[エアー]製品の提供を行っております。