Air アスリートサポートプログラム アスリートを応援する新しいカタチAiR アスリートサポートプログラム アスリートを応援する新しいカタチ

取り組まれている競技内容と目標とされているチャレンジを教えてください。

国際大会で勝ち世界ランキングをあげること、その先にある2020年東京パラリンピックに出場することです。

普段のトレーニングや競技で感じられている課題は何ですか?

 練習後のケアにもとても気を使っています。

私は生まれつき四肢と体幹に機能障害があるため、バランス感の向上と、効率よくパワーを使うことを課題としています。また、トレーニング等による体の歪みや疲労が大きいため、練習後のケアにもとても気を使っています。

普段や遠征中などの睡眠についてお聞かせください。

国内、海外に限らず宿泊先によって睡眠環境は様々で、特に柔すぎるベッドの時は翌朝にも疲れが取れていないことが多いです。国内のホテルで部屋のベッドがどうしても柔すぎ、ホテルを取り直したこともありました。

AiRを使ってみての感想をお聞かせください。

改めて睡眠の大切さを実感しました。

まず起きた時のスッキリ感が全く違うことにすぐ気づきました。使用し始めて、寝具ひとつでこんなにも違うのかと、改めて睡眠の大切さを実感しました。普段自宅で寝ているのと同じ環境で、遠征中も睡眠をとれるため、毎日いいコンディションで試合を迎えれることはとても有難いことです。

AiRのおススメのポイントを教えてください。

ポータブルモバイルマットは持ち運びが容易で、宿泊場所ではもちろんですがフェリー等移動中や競技場の隅でも使用が出来て大変便利です。スリムタイプが加わり以前よりさらに場所を選ばず、万全の状態で戦えるようになりました!

愛用中のアイテム

PROFILE

板井 淳記 (パラ卓球) 
先天性の体幹機能障害があり、パラ卓球立位TT6でプレー。
2012年ロンドンパラリンピックへ出場も、予選敗退。現在2020年東京パラリンピック出場を目指している。

ENTRY

アスリートの更なる活躍を応援するため、審査基準に達したアスリートには[エアー]製品の提供を行っております。