Air アスリートサポートプログラム アスリートを応援する新しいカタチAiR アスリートサポートプログラム アスリートを応援する新しいカタチ

取り組まれている競技内容と目標とされているチャレンジを教えてください。

パラアイスホッケーを始めて22年になります。
長野・ソルトレイク・トリノ・バンクーバーパラリンピックに出場し、バンクーバーパラリンピックでは、銀メダルを獲得しました。現在、5大会目の出場となる、平昌パラリンピックでのメダル獲得を目指し、練習・遠征を重ねています。

普段のトレーニングや競技で感じられている課題は何ですか?

疲労回復は非常に大きな課題。

若いころは、一晩寝ればすっきりと疲れが取れていたのですが、47歳になった今、疲労回復は非常に大きな課題となりました。食事やセルフケアだけでなく、質のいい睡眠をとることで早く疲労を回復させ、トレーニングや氷上練習でいかに追い込めるかが、課題となっています。

普段や遠征中などの睡眠についてお聞かせください。

特に、合宿や遠征などでは、せっかくいいコンディションで現地に入っても、眠る環境が整っていないと、体が強張ったり持病の腰痛に悩まされたりしてしまうので、ベッドや枕・部屋の温度・湿度など、眠る環境には非常に気を使っています。

AiRを使ってみての感想をお聞かせください。

合宿や遠征の後半でもいいコンディションをKeepすることができる。

AiRのマットレスに寝たときに体がマットに埋まっていくような感じがあり、リラックスした状態で、深い眠りにつくことができるようになりました。
疲れていても翌朝の体の強張り等もなく、合宿や遠征の後半でもいいコンディションをKeepすることができるようになりました。

AiRのおススメのポイントを教えてください。

国内の合宿にはAiRのSIシリーズを、海外遠征にはAiRポータブルシリーズを持参しています。またマットレスが非常に感触がよかったため、海外遠征の飛行機移動用に、AiRポータブルクッションと、AiRポータブルネックピローも購入し、活用しています。ロングフライトでも移動の疲れが軽減し、今ではAiRは海外遠征にはなくてはならない必須アイテムです。

愛用中のアイテム

PROFILE

吉川 守(パラアイスホッケー)
ポジション:フォワード
生年月日:1970/02/18
所属チーム:長野サンダーバーズ

主な出場大会
1996年 世界選手権 Nynäshamn (Sweden)
1998年 Nagano 1998 Paralympic Winter Games (Japan)
2000年 世界選手権 Utah (United States)
2002年 Salt Lake City 2002 Paralympic Winter Games (United States)
2004年 世界選手権Örnsköldsvik (Sweden)
2006年 Torino 2006 Paralympic Winter Games (Italy)
2008年 世界選手権 A-pool Marlborough (United States)
2009年 世界選手権 A-pool Ostrava (Czech Republic)
2010年 Vancouver 2010 Paralympic Winter Games (Canada)
2012年 世界選手権 A-pool Hamar (Norway)
2013年 世界選手権 B-pool Nagano (Japan)
2015年 世界選手権 A-pool Buffalo (United States)
2016年 世界選手権 B-pool Tomakomai (Japan)

ENTRY

アスリートの更なる活躍を応援するため、審査基準に達したアスリートには[エアー]製品の提供を行っております。