Air アスリートサポートプログラム アスリートを応援する新しいカタチAiR アスリートサポートプログラム アスリートを応援する新しいカタチ

取り組まれている競技内容と目標とされているチャレンジを教えてください。

私はトライアスロンの中でも、一番距離の長いアイアンマンレースで主に活動しています。一般的に認識されているオリンピックディスタンスのトライアスロンが、スイム1.5km、バイク40km、ラン10kmなのに対し、アイアンマンレースは、スイム3.8km、バイク180km、ラン42.195kmの距離を走ります。
私の最終目標は、世界最高峰のアイアンマンレース、アイアンマン世界選手権にプロカテゴリーで出場することです。そのために、まずはアイアンマン世界選手権で年代別カテゴリーでの優勝を目指しています。

普段のトレーニングや競技で感じられている課題は何ですか?

いかに早く疲労を回復させるか。

競技が長時間にわたるため、練習もそれなりに時間を必要とします。私は平日の日中は働いているため、平日は出勤前か帰宅後に練習をし、休日は朝から夕方まで練習。1週間の練習時間は最低20時間、多い時は30時間ほどになります。そこで課題となるのが、いかに早く疲労を回復させるか、という点です。疲労が溜まったままでは強度の高い練習はできません。平日は睡眠時間が削られるため、睡眠の質も重要となってきます。

普段や遠征中などの睡眠についてお聞かせください。

私は普段寝つきは良いほうなので、国内での遠征や合宿等では、どのような布団やベッドでもすぐに寝ついてしまします。ただ、朝起きた時に、合わないマットで寝たせいで身体が重たかったり、肩や背中が痛くなって悩まされることはよくありました。

AiRを使ってみての感想をお聞かせください。

本当にすっきり目覚められるので驚いています。

適度な反発力のおかげで適切な姿勢を保ってくれているため、どのような姿勢でも心地よく深い睡眠がとれていると実感しています。朝起きた時に、肩や背中が痛くなったことはありませんし、本当にすっきり目覚められるので驚いています。

AiRのおススメのポイントを教えてください。

疲労回復や快適な睡眠など、AiR自体の効果ももちろんですが、機能性も素晴らしいです。
私は普段、畳の上にAiRのマットレスを敷いているため、毎回布団を立てているのですが、AiRはとても軽く、裏側についているマジックテープのおかげでとても簡単に畳むことができます。そのため、幅広い年代の方々に使っていただけるものだと感じました。

愛用中のアイテム

PROFILE

西村 知乃(トライアスロン)
トライアスリート(ロングディスタンス)
Team TRION所属
JTUロングディンスタンストライアスロン女子強化B指定選手
アイアンマン世界選手権過去3回出場

直近の戦績:
2017年アイアンマンカナダ カテゴリー優勝(総合8位)
2017年ITU世界ロングディスタンストライアスロン選手権 エリート14位
2017年アイアンマン世界選手権 カテゴリー5位入賞

ENTRY

アスリートの更なる活躍を応援するため、審査基準に達したアスリートには[エアー]製品の提供を行っております。