Air アスリートサポートプログラム アスリートを応援する新しいカタチAiR アスリートサポートプログラム アスリートを応援する新しいカタチ

取り組まれている競技内容と目標とされているチャレンジを教えてください。

大自然の山の中を走る、トレイルランニングに取り組んでいます。色々な種目がありますが、特にUTWT(ウルトラトレイルワールドシリーズ:100キロ以上)で上位入賞を目指して参戦しています。

普段のトレーニングや競技で感じられている課題は何ですか?

いかにして疲労を貯めないようにするか、溜まった疲労を早く抜くか。

いかにして疲労を貯めないようにするか、溜まった疲労を早く抜くか、ということです。 レースで走る距離が長いため、長距離&高負荷トレーニングが必要になります。疲労を引きづることなく、質と量を維持したまま継続してトレーニングを積めるか、疲労がない状態でレースに挑めるか、これらの点が課題です。

普段や遠征中などの睡眠についてお聞かせください。

質と量を意識しています。
量:睡眠時間は8時間を目安として、10時に寝て6時に起きるように意識しています。
質:途中で起きたり、浅い睡眠にならないように、食事や飲酒、入浴のタイミングにも気をつけています。

AiRを使ってみての感想をお聞かせください。

翌朝、腰の軽さに驚きました。

寝心地が良く熟睡できます。
既に約7年AiRのマットレスを使っています。自宅では常にAiRです。家族揃って寝ているのですが、子供達(3人います!)が先に私のAiRを占領してしまうことが多々あります。やはり他の布団に比べて寝心地が良いようです。
また、遠征用のAiRポータブルモバイルマットを持っていなかった時は、特に海外遠征時は柔らかいマットレスで腰を痛めることがあり苦労しました。今は海外遠征時には、AiRは必携品となり、自宅と同じように気持ちよく睡眠ができています。

AiRのおススメのポイントを教えてください。

何と言っても寝心地が良いこと。睡眠が原因となる腰痛や肩こりなどは全くありません。通気性も良いため夏でも気持ちよく寝ることができます。
また、AiRポータブルモバイルマットがあれば、海外遠征時も安心です。

愛用中のアイテム

PROFILE

奥宮 俊祐(トレイルランニング)
中学・高校・大学と陸上部で長距離を続ける。
大学(東海大)では、箱根駅伝を目指すが、選手にはなれず、挫折を経験する。
25歳の時に、心臓に感じた違和感の原因が不整脈と判り、手術を受け完全回復。
快適に走れる喜びを初めて味わい、走りの楽しさを再確認。
その年、初めて日本山岳耐久レース(ハセツネ)を走り、3位入賞。それ以来、トレイルランニングに全力を注ぐようになる。
2012年からランニングチーム「Rord to Trail!」を主催し、セミナーを通じてトレランの楽しさを広く伝える活動を行いロードやウルトラマラソンでも実力をいかんなく発揮。
2015年3月から「FunTrails」を立ち上げプロトレイルランナーとして独立した。

【戦績】
2015年
1月 HongKong100 15位
2月 東京マラソン 2:27:53
4月 ハセツネ30K 優勝(2回目)
7月 Eiger Ultra Trail 6位
10月 第23回日本山岳耐久レース優勝
(10年目の挑戦で悲願の初優勝)

2016年
1月 HongKong100 14位
3月 びわ湖毎日マラソン 2:27:31
4月 ハセツネ30K 優勝 (通算3回目)
7月 Eiger Ultra Trail E51 8位
9月 TRANSALPINE RUN 7位(2人1組:7Days)

2017年
6月 越後カントリートレイル 優勝
10月 Grand Raid Reunion 2017 La Diagonale des fous 男子総合9位

ENTRY

アスリートの更なる活躍を応援するため、審査基準に達したアスリートには[エアー]製品の提供を行っております。