マットレス[エアー]トップ > [エアー]ユーザー > アスリート > 田中将大

田中将大|マットレスは東京西川の[エアー]|AiR®

2012年から[エアー]を使用しているまーくんこと田中将大選手。アメリカでは移動距離、試合数の多さ、国内の時差など日本とは違った環境でやることの大変さを感じるという。試合に向けてのコンディショニングでも、食事、睡眠が整っていないと練習、トレーニングに少しずつ影響すると言う。2015年の田中将大選手は[エアー]とともに1年間フルで戦え抜くことをめざす。がんばれ、まーくん!

世界で勝つために僕が考えたこと

[エアー]とともに、年間フルで戦い抜くコンディションづくりを。

アメリカでは移動の距離だったり、試合数の多さ、国内の時差とか日本とは違った環境でやることの大変さを感じました。試合に向けてのコンディショニングでも食事、睡眠、ここが整っていないと、少しずつ影響してくると思います。2015年は、[エアー]とともにいい睡眠を取って1年間フルで戦え抜けるようにがんばっていきたいと思います。


WEB限定MOVIES

田中将大のN.Y.コンディショニング

日本とアメリカの違い

日本とアメリカの違い

広いアメリカでは遠征先のホテルのベッドは固さもバラバラ、枕もバラバラ。持運びに便利な[エアー]ポータブルが威力を発揮、身体への負担が減り、痛みなどもなくなったと田中将大選手は言う。

田中将大、成功の秘訣

田中将大、成功の秘訣

言葉、習慣、食べもの、そして睡眠。環境が異なる国で、いかにコンディションをととのえて、パフォーマンスをよくするか。たんたんと語る言葉のひとつひとつに日本を代表して世界と戦う田中将大選手の決意が感じられる。

田中将大が負けた日の夜

田中将大が負けた日の夜

昨シーズンの中盤以降はケガをしたことで2ヵ月半離脱。休んでいる間はケガをしっかり治すことに集中した田中将大選手。悔しくて眠れないときの奥義は、「ふて寝」。調子がいい時、悪い時の自分を客観的に分析している。

田中将大、2015年シーズンへ

田中将大、2015年シーズンへ

2014年は、調子の良かった前半、ケガをして2ヵ月半離脱した後半。一年を通したコンディショニングの大切さを知って挑む2015年シーズンの田中将大選手。夏を越え、秋を迎え、ワールドシリーズを勝ち抜くことを目指す。メジャーリーガー田中将大は、[エアー]とともに戦う!

世界を代表するニューヨーク・ヤンキースの田中将大選手が自ら体感して選んだのが、点で支えるコンディショニングマットレス[エアー]です。
雲の上に乗っているような心地よい眠り。寝返りをうっても保たれる安定した寝姿勢。目覚めた時に感じるすっきり感。田中将大選手が夢中になった東京西川の[エアー]がもたらす質の高い眠りを、ぜひあなたのコンディショニングに取り入れてください。


[エアー]SIマットレス

マットレス[エアー]トップへ ユーザーの声 PageTopへ