Air アスリートサポートプログラム アスリートを応援する新しいカタチAiR アスリートサポートプログラム アスリートを応援する新しいカタチ

取り組まれている競技内容と目標とされているチャレンジを教えてください。

私が取り組んでいるスキーのモーグル競技は、全長200〜250メートルのコブ斜面を滑り、ターン技術、エア演技、スピードの総合得点を競います。
目標は、2018年の平昌オリンピックに出場すること、2022年の北京オリンピックでは金メダルを取ることです。

普段のトレーニングや競技で感じられている課題は何ですか?

課題は、スピードを上げて滑れるようになる事。

私の課題は、スピードを上げて滑れるようになる事です。このため、海外の硬いコブ斜面でもスピードを出して攻めた滑りができるよう、トレーニングではフィジカル面を強化しています。

普段や遠征中などの睡眠についてお聞かせください。

遠征の際はベッドで眠るため、マットレスが柔らかすぎたり硬すぎたりする事が多く、トレーニングをした次の日は腰痛に悩まされていました。

AiRを使ってみての感想をお聞かせください。

怪我の再発を恐れず、今まで以上にトレーニングを追い込めそうです。

昨年は、腰痛で半年間リハビリをし、現在も再発しないようにトレーニングを行なっています。しかし、AiRのマットレスを使い始めてから、腰痛に不安を覚える事がなくなったので、怪我の再発を恐れず、今まで以上にトレーニングを追い込めそうです。

AiRのおススメのポイントを教えてください。

AiRのマットレスは硬すぎず、柔らかすぎずちょうどいい固さで熟睡でき、ポータブルモバイルマットは持ち運び可能なため、どの遠征先でも同じ条件で眠る事ができることでいつもいいコンディションで練習できます。

愛用中のアイテム

PROFILE

藤木 豪心(フリースタイルモーグル)
1997年5月31日生まれ(20歳)
所属:立命館大学
2016年からW杯に参戦し、2018年の平昌オリンピック出場に向けトレーニングに励んでいます。
2016年、2017年 全日本選手権 2位
2017ー2018シーズン ナショナルチーム選出

ENTRY

アスリートの更なる活躍を応援するため、審査基準に達したアスリートには[エアー]製品の提供を行っております。