Air アスリートサポートプログラム アスリートを応援する新しいカタチAiR アスリートサポートプログラム アスリートを応援する新しいカタチ

取り組まれている競技内容と目標とされているチャレンジを教えてください。

パラ卓球(クラス7)です。
2020年東京パラリンピック出場及びメダル獲得を目標にしています。
また世界ランキングを上げるため、国際大会において上位進出を目指しています。

普段のトレーニングや競技で感じられている課題は何ですか?

バランスを崩しやすいため、しっかりとした体幹が必要。

私は両足に障がいがあり、バランスを崩しやすいため、しっかりとした体幹が必要だと感じています。
できる限り体制が崩れない方が、良いプレーができ、体への負担も軽減されます。今後はしっかりと筋力アップをしていく必要があると思います。

普段や遠征中などの睡眠についてお聞かせください。

普段の睡眠においては慣れているため、特に問題はありません。
しかし、国際大会に出場するため、世界各国に行きます。その場合はホテルによって、ベッドの硬さが違うなど、自分に合わないものがあり、前日の疲れが残っていることや、体が痛むことなどの問題がありました。

AiRを使ってみての感想をお聞かせください。

前日の疲れが取れて、体が痛むこともなくなった。

AiRのマットレスを使うことによって、体の疲れがしっかりと癒されていると感じています。
また前日の疲れが取れて、体が痛むこともなくなっています。非常に快適な睡眠を取ることができています。

AiRのおススメのポイントを教えてください。

私は特にAiRポータブルモバイルマットが気に入っていて国際大会などの遠征先には毎回持参しています。
いつもと同じ感覚で睡眠を取ることができると、体へのストレスが非常に軽減されます。
良いパフォーマンスをするためには、体の状態が大切なので、このマットレスは遠征に欠かせないものとなっています。 。

愛用中のアイテム

PROFILE

井上 全悠 (パラ卓球(クラス7))
1995年生まれ 岡山出身
世界ランキング16位(2017年3月時点)

生後8ヶ月の時に交通事故に遭い、両足に障がいを抱える。
中学から卓球を始め、2年生の時にパラ卓球に出会う。
その後、2012年から現在まで世界ランキングを上げるために、多数の国際大会に出場。
今後は2020年東京パラリンピック出場及びメダル獲得を目指す。

ENTRY

アスリートの更なる活躍を応援するため、審査基準に達したアスリートには[エアー]製品の提供を行っております。