Air アスリートサポートプログラム アスリートを応援する新しいカタチAiR アスリートサポートプログラム アスリートを応援する新しいカタチ

取り組まれている競技内容と目標とされているチャレンジを教えてください。

BMXレースは、様々な大きさ・形状の起伏のコースを最大8人で駆け抜けるエキサイティングなスポーツです。子供から大人までたくさんの方が一緒にできる所がBMXレースの魅力の一つです。
私の目標は、2020年東京オリンピックで日本代表になり、メダルを獲得することです。

普段のトレーニングや競技で感じられている課題は何ですか?

今1番の課題は、けがをしない体を作ること。

今1番の課題は、けがをしない体を作ることです。そして世界でも通用する、強く、瞬発的な力を出せるような体作りのために日々トレーニングをしています。

普段や遠征中などの睡眠についてお聞かせください。

国内外を遠征することが多いので、今まで色々なベッドがありましたが、硬すぎたり、柔らかすぎたりと自分に合うベッドで寝れたことは少なかったと思います。

AiRを使ってみての感想をお聞かせください。

すごく落ち着いて睡眠に入れると思ったのが最初の印象です。

AiRのマットレスは、寝転んだ瞬間から今までのマットレスとは全く違う感触があり、すごく落ち着いて睡眠に入れると思ったのが最初の印象です。AiRを使ってからは眠りに着くまでがすごく早くなりました。限りのある時間の中で質の良い睡眠を取ることはすごく大切なことですが、今までは寝付くまで時間がかかっていたのですごく助かっています。

AiRのおススメのポイントを教えてください。

寝転んだ時にホッと落ち着く感触と、リラックスして眠りに入れることです。
ハードなトレーニングをしてからAiRのマットレスで寝ると一気に疲れが和らいでいく感じが私のオススメポイントです。
そしてスッキリと起きれるので、毎日疲れを溜めず、質の良いトレーニングができる所も気に入っています。 。

愛用中のアイテム

PROFILE

丹野 夏波(BMXレース)
2000年7月5日生まれ(16歳) 出身地:横浜市

4歳の頃、BMXを始め、2008年に初めて出場した世界選手権で優勝。その後2009年、2010年と世界選手権3連覇を達成。
それから出場した全ての世界選手権で決勝に進出。
2013年より、(公財)日本自転車競技連盟 BMX 強化指定選手に選出され、本格的にBMXレースに特化したトレーニングを開始。
世界を舞台に活躍することが夢から目標へと変わり、2020年東京オリンピックでのメダル獲得を目指している。

[主な戦歴]
2008年-2010年 UCI BMX 世界選手権大会 優勝
2012年-2016年 UCI BMX 世界選手権大会 決勝進出(3位・8位・6位・4位・6位)
2014年-2015年 JBMXFシリーズチャンピオン
2016年 全日本選手権大会 優勝

ENTRY

アスリートの更なる活躍を応援するため、審査基準に達したアスリートには[エアー]製品の提供を行っております。