Air アスリートサポートプログラム アスリートを応援する新しいカタチAiR アスリートサポートプログラム アスリートを応援する新しいカタチ

取り組まれている競技内容と目標とされているチャレンジを教えてください。

ライフセービング競技の花形種目、「オーシャンウーマン」に取り組んでいます。ラン、スイム、サーフスキー、ボードの4種目を一人でこなす、過酷な種目でもあります。
目標は世界大会で優勝すること。まだ、誰一人として日本人がこの種目で勝つなんて思っていない中、世界大会を制覇してライフセービングの普及に貢献することが最大の目的です!
また、ライフセービング競技の本場であるオーストラリアで開催されているプロシリーズ戦「NutriGrain Ironman Series」への出場も目標として掲げています。

普段のトレーニングや競技で感じられている課題は何ですか?

課題は疲労回復。

特にオーシャンウーマンは種目数が多いので、練習項目もたくさんあります。
毎回のトレーニングがより、質の高いものになるよう、トレーニング、食事、睡眠のバランスを保ち、毎回フレッシュな状態でトレーニングに取り組めるよう心がけています。

普段や遠征中などの睡眠についてお聞かせください。

基本的にどこでも寝られるタイプの私ですが、遠征中の睡眠は慣れるまで時間がかかります。途中で起きてしまったり、寝心地が悪かったり…
なかなか、「いつもの睡眠」にはたどりつけません

AiRを使ってみての感想をお聞かせください。

とにかく、身体にフィットする感覚に驚いています。

身体をふわふわっと、そして、しっかり支えてくれている感覚。AiRのマットレスを使用させていただいてから、疲労困憊の日もすぐに寝られて翌日も身体がスッキリしています。
睡眠時間って、1日の4分の1を占めていますよねその時間がより、質の高いものになるって、こんなに身体にとって良いことなんだー!!!って知ってしまったので、もう手放せません。

AiRのおススメのポイントを教えてください。

とにかく、寝心地が最高。AiRポータブルモバイルマットもすっごいお気に入りです。
軽くて持ち運びが便利な上に、しっかりと身体をさせてくれて、遠征中はいつも持ち歩いています。 。

愛用中のアイテム

PROFILE

三井 結里花(ライフセービング)
・特定非営利活動法人日本ライフセービング協会 ハイパフォーマンスチーム所属
(強化指定選手)
・九十九里ライフセービングクラブ所属

1992年3月7日生まれ。日本大学入学後、ライフセービングを始める。ライフセーバー資格取得後、千葉県の九十九里蓮沼海岸で監視活動を経験。ライフセービングスポーツでは、2010年より強化指定選手。2012年、2014年、2016年、ライフセービング世界選手権に日本代表選手として出場。2016年世界選手権では、SERC、オーシャンウーマンリレーにおいて銀メダルと銅メダルを獲得。全日本ライフセービング選手権では、200mスーパーライフセーバーにて6連覇中、オーシャンウーマンでは通算5勝、現在プール競技5種目で日本新記録保持。

2016年 ライフセービング世界選手権 オーシャンウーマン5位
2016年 全日本ライフセービング選手権大会 オーシャンウーマン 優勝 (通算5勝)
2016年 全日本ライフセービングプール選手権大会 200mスーパーライフセーバー 優勝(6連覇中)

ENTRY

アスリートの更なる活躍を応援するため、審査基準に達したアスリートには[エアー]製品の提供を行っております。