Air アスリートサポートプログラム アスリートを応援する新しいカタチAir アスリートサポートプログラム アスリートを応援する新しいカタチ

取り組まれている競技内容と目標とされているチャレンジを教えてください。

ジャパンラグビートップリーグに参戦中である豊田自動織機に所属して15人制ラグビーのプレーをしています。
また、7人制ラグビー通称「セブンズ」でもプレーしておりセブンズ日本代表の一員としてもプレーしています。
目標はジャパンラグビートップリーグではベスト8、セブンズでは東京オリンピック出場しメダル獲得することです。

普段のトレーニングや競技で感じられている課題は何ですか?

疲労を次の日に残さない体を作ることも課題。

15人制ラグビーは激しいコンタクトスポーツ、セブンズはかなり走るハードなスポーツです。 15人制での自分の課題は自分よりも体の大きな相手に当たり負けしない体を作ること、セブンズでの自分の課題は世界でも通用するスピードを手に入れることです。
そして疲労を次の日に残さない体を作ることも課題の一つです。

普段や遠征中などの睡眠についてお聞かせください。

セブンズは日本では試合がなく大会のほとんどが海外で行われます。そのため長時間の飛行機移動、バス移動、時差などでコンディショニングが思うように行かないことが多くあります。
これによってストレスを感じることもありました。また、首、腰、足の疲労が取れきれないこともありました。

AiRを使ってみての感想をお聞かせください。

遠征先での睡眠に関するストレスはなくなり安心して遠征に行けるようになりました。

長時間の飛行機移動で使用しているクッションは、腰、足にかかる負担をかなり軽減することができます。
このクッションなしに長時間の移動は乗り越えることはできなくなりました。
マットレスは布団に入ったらすぐに熟睡してしまうほどの効果があります。また、遠征用のマットレスを遠征先に持参することにより、遠征先でも普段と同じ環境で睡眠を取ることが可能になりました。
これによって遠征先での睡眠に関するストレスはなくなり安心して遠征に行けるようになりました。

AiRのおススメのポイントを教えてください。

とにかく安心感。何のストレスを感じることもなく睡眠をとるにはAiRです。オススメポイントは、表面が凸凹していて体にフィットする感覚がオススメです。

PROFILE

坂井 克行(ラグビー)
高校日本代表、U19,U20 日本A代表 7人制日本代表(2012年から2015年主将)
仁川アジア大会優勝、リオ五輪4位入賞

ENTRY

アスリートの更なる活躍を応援するため、審査基準に達したアスリートには[エアー]製品の提供を行っております。