Air アスリートサポートプログラム アスリートを応援する新しいカタチAiR アスリートサポートプログラム アスリートを応援する新しいカタチ

取り組まれている競技内容と目標とされているチャレンジを教えてください。

競技:パラ卓球(クラス8)
目標:東京パラリンピックに出場しメダル獲得を目指します。

普段のトレーニングや競技で感じられている課題は何ですか?

「フットワーク」や「俊敏性」など動きに遅れが生じるので課題意識をもって練習トレーニングに励んでいます。

パラ卓球と言っても基本的には健常者卓球とルールも全く一緒なので「フットワーク」「体幹トレーニング」障がい上「リハビリ」を行っています。
私は右半身に障がいがありうまく右手と右足を使うことができなく左右のバランスが悪いため「フットワーク」や「俊敏性」など動きに遅れが生じるので課題意識をもって練習トレーニングに励んでいます。

普段や遠征中などの睡眠についてお聞かせください。

特に国際大会などに参加するとベット環境が悪いところが多く睡眠の質が下がります。
「睡眠不足」や「体の疲労感」など体のストレスが抜けません。

AiRを使ってみての感想をお聞かせください。

寝返りもスムーズで睡眠時のストレスが無く睡眠が質の向上、腰痛が解消されました。

現在AiRマットレスSI-Hと遠征用にAiRポータブルモバイルマットを使用していますが、凹凸形状の為自身の体にフィットします。
またクッション性が優れているため寝返りもスムーズで睡眠時のストレスが無く睡眠の質の向上、腰痛が解消されました。もうAiRがなくてはならない存在です!!

AiRのおススメのポイントを教えてください。

AiRは「レギュラー」「ハード」とマットの硬さも選べポータブルマットレスもあるのでどんな環境でも変わらず質の良い睡眠が取れます。
「睡眠の質」「腰痛」等の悩みを抱えている方から体が資本のアスリートの方までジャンルを問わずおすすめできる商品だと思います。

愛用中のアイテム

PROFILE

佐藤 泰巳(パラ卓球(クラス8))
年齢:27歳
世界ランク:43位
卓球歴:12年
私は生まれつき右手右足に障がいを持っています。
高校時代に卓球に出会い高校2年生の時パラの卓球の世界を知り本格的に競技に打ち込み始めました。現在は東京パラリンピック出場を目指し日本代表として活動をしています。

【成績(国内)】
日本選手権シングルス3位
日本選手権ダブルス優勝
ジャパンオープンシングルス(G2)準優勝
ジャパンオープン団体準優勝
その他国体優勝3回 準優勝2回 オープン戦優勝など
【成績(国際)】
コスタリカオープン団体3位
ハンガリーオープン団体3位
タイオープンシングルス3位
スペインオープン団体3位
タイオープン団体優勝

ENTRY

アスリートの更なる活躍を応援するため、審査基準に達したアスリートには[エアー]製品の提供を行っております。