Air アスリートサポートプログラム アスリートを応援する新しいカタチAiR アスリートサポートプログラム アスリートを応援する新しいカタチ

取り組まれている競技内容と目標とされているチャレンジを教えてください。

ボート競技で2020年東京オリンピックでのメダル獲得を目指しています。
オリンピックの前年に出場権のかかる世界選手権があるので、先ずは出場権を確実に獲得出来るように準備していきたいと思っております。

普段のトレーニングや競技で感じられている課題は何ですか?

長距離を高強度で漕ぎ続けられるようにすることです。

世界のトップと比べ、まだまだフィジカルの差が大きいので、長距離を高強度で漕ぎ続けられるようにすることです。
一回の練習で20kmくらい漕ぐのですが、国内では長距離を漕ぎ続けられる場所が少ないので、出来るだけ止まらないで漕ぎ続けられる場所を探してトレーニングしています。
またオフの日は疲れ切って寝てしまい、良いリフレッシュが出来ていない事が多いので、出掛けたりしてリフレッシュするように心がけています。

普段や遠征中などの睡眠についてお聞かせください。

場所変わると寝つきが悪いことが多かったのですが、AiRのマットレスや枕を使用するようになってからは遠征場所に関係なく格段に睡眠の質が上がったように感じます。
特に海外のベットは合わないことがほとんどなので、すごく苦労していました。

AiRを使ってみての感想をお聞かせください。

とてもリラックス出来るアイテムだと感じています。

とてもリラックス出来るアイテムだと感じています。肌触りが良いので寝るのもそうですが、マットレスの上でゴロゴロしたり、本を読んだりしてとても重宝しています。

AiRのおススメのポイントを教えてください。

AiRのマットレス以外のマットレスで寝るときは、寝がえり回数が多く、夜中に何度も起きてしまう事があったのですが、AiRのマットレスに変えてからは肩や腰への負担が少なく、寝がえり回数も格段に減りました。腰痛持ちの方は特におススメです。

愛用中のアイテム

PROFILE

大元 英照(ボート競技)
ボート競技(スカル種目)
2006、2010、2014年 アジア競技大会3大会連続金メダル獲得。
2009~2015年 世界選手権出場。
2016リオデジャネイロ五輪出場(男子軽量級ダブルスカル15位)。

ENTRY

アスリートの更なる活躍を応援するため、審査基準に達したアスリートには[エアー]製品の提供を行っております。