Air アスリートサポートプログラム アスリートを応援する新しいカタチAiR アスリートサポートプログラム アスリートを応援する新しいカタチ

取り組まれている競技内容と目標とされているチャレンジを教えてください。

セパタクローは簡単に言えば「足で行うバレーボール」で、使える部位はサッカーと同じでルールはほぼバレーボールと同じです。
バドミントンのダブルスと同じコートとネットの高さで行い、3対3のレグ・2対2のダブルスなどがあります。
東南アジア発祥のスポーツで、アジア版オリンピックと呼ばれるアジア競技大会に於いて、次の2018年ジャカルタ大会で3大会連続のメダル獲得を目指すと共に、日本人唯一のタイ・プロリーグの選手として活躍する事を目標にしてます。

普段のトレーニングや競技で感じられている課題は何ですか?

どうしても疲れて、仕事や競技に集中出来ないタイミングが出来てしまう事がある。

オンとオフのバランス。
日本では実業団チームで活動しているので、仕事と競技の両立を求められます。
その中でどうしても疲れて、仕事や競技に集中出来ないタイミングが出来てしまう事があるので、自分のコンディションなど色々な状況を上手くコントロールしなくてはいけません。

普段や遠征中などの睡眠についてお聞かせください。

タイのプロリーグに居る期間は、向こうのチームの寮などに入るのですが寝る場所が良くない事が多いのと、国際大会などで泊まるホテルもベッドが柔らかすぎたりする場合もあるので、まず部屋に入るとベッドを確認してましたが、AiRポータブルモバイルマットを手に入れてからは安心して遠征先でもコンディションを保つ事が出来る様になりました。

AiRを使ってみての感想をお聞かせください。

寝る事が疲労やコンディション回復に直結する様になりました。

睡眠での回復が大幅に改善されました!
以前は疲れから長く寝ても、起きた時に腰などの痛みがあったりと寝疲れの様な事が頻繁に起きてましたが、AiRのマットレスを使用してからはそれが全く無くなり寝る事が疲労やコンディション回復に直結する様になりました。

AiRのおススメのポイントを教えてください。

最適なバランスで寝ている身体を支えてくれるところです。腰が浮いたり沈んだりする事なく、気持ち良く眠れます。
翌朝起きた時に身体の軽さと質の良い睡眠による頭のすっきりさでその違いは大きく実感出来るはずです。

愛用中のアイテム

PROFILE

寺島 武志(てらしま たけし)
1982年11月4日生まれ
東京都出身
9才よりサッカーを始め、ユースまで三菱養和SCに所属。
2001年日本体育大学にてセパタクローに転向し、競技歴約半年で日本代表に選出される。翌2002年に行われたJOCジュニアオリンピックカップで優勝、MVPにも輝き、2003年にはキングスカップ世界選手権大会に出場。
2004年には全日本学生セパタクローオープン選手権大会、全日本学生セパタクロー選手権大会で優勝、キングスカップ世界選手権大会で3位、銅メダルを獲得しました。
2006年、2010年、2014年と3大会連続でアジア競技大会に出場し、2010年広州・2014年仁川で銅メダルを獲得。2011年~現在まで世界最高峰であるタイのプロリーグに参戦し、リーグでただ一人の日本人として3つのクラブで出場を果たす。

ENTRY

アスリートの更なる活躍を応援するため、審査基準に達したアスリートには[エアー]製品の提供を行っております。