Air アスリートサポートプログラム アスリートを応援する新しいカタチAir アスリートサポートプログラム アスリートを応援する新しいカタチ

取り組まれている競技内容と目標とされているチャレンジを教えてください。

ライフセービング競技とは、「生命を救うスポーツ」です。ライフセーバーの救助力を高める為に競技会が開催されており、競技の№1はレスキューの№1と言われています。
ライフセービング競技は海で行われる「オーシャン競技」とプールで行われる「プール競技」があり、実際のレスキューを想定した競技構成になっています。
直近の目標は、2017年7月に行われるワールドゲームズに出場し、リレー種目で世界記録を出すことです。

普段のトレーニングや競技で感じられている課題は何ですか?

トレーニング・レース後の疲労回復。

年齢と共に疲労回復に時間がかかるのを感じます。
疲労が残った状態でトレーニングをしてしまうと効率が悪いので素早いリカバリーを心掛けています。
また、2年ごとに開催されるライフセービングの世界選手権はプール競技2日間、オーシャン競技2日間を続けて行う為、ハードな日程の中でいかに翌日に疲労を残さないかが重要になります。

普段や遠征中などの睡眠についてお聞かせください。

体のリズムが崩れやすい海外遠征では睡眠の質と時間に気を配っています。
ですがマットレスが柔らかすぎるなど、寝具が体に合わず満足な睡眠が得られないことが多いです。

AiRを使ってみての感想をお聞かせください。

宙に浮いている感じで熟睡でき、疲れがとれやすくなったように感じています。

骨盤の角度が悪く、寝起きはいつも腰の痛みがあったのですが、初めてAiRのマットレスを使用させて頂いた時は痛みや違和感が全く無く、とても驚きました。
また、クッション性が高いことや、どの姿勢でも寝心地が良いのが気に入っています。
一度で使用しただけで違いが分かったので、すぐにAiRのファンになりました。

AiRのおススメのポイントを教えてください。

敷布団がいらず、AiRのマットレス1枚で寝られる所が素晴らしいと思います。
表面の凹凸でマッサージ効果も得られ、心地良い睡眠が可能になります。
また通気性が良い素材で、メンテナンスが楽なのも魅力のひとつです。
モバイルマットも見た目はスリムなのにサポート感がしっかりあります。

PROFILE

我妻 菜登(ライフセービング)
所属:勝浦ライフセービングクラブ
[専門種目] 
オーシャン:ボードレース、ビーチスプリント
プール:100mマネキンキャリーウィズフィン、100mマネキントゥウィズフィン
プール競技は個人2種目、リレー3種目で日本記録を保持

[競技成績]
2013年7月…ワールドゲームズ2013 リレー2種目入賞
2014年9月…ライフセービング世界選手権 ビーチリレー2位 ボードレース7位
2015年7月…三洋物産 International Lifesaving Cup 2015 ボードレスキュー1位
2016年7月…三洋物産 International Lifesaving Cup 2015 ボードレスキュー1位 
       ボードレース3位
2016年9月…ライフセービング世界選手権 ボードレスキュー2位 
       オーシャンウーマンリレー3位 ビーチスプリント10位

ENTRY

アスリートの更なる活躍を応援するため、審査基準に達したアスリートには[エアー]製品の提供を行っております。