Air アスリートサポートプログラム アスリートを応援する新しいカタチAir アスリートサポートプログラム アスリートを応援する新しいカタチ

取り組まれている競技内容と目標とされているチャレンジを教えてください。

私がやっているアルペンスキーは、雪上に立っているポールをくぐり抜け、2本の合計タイムを競う競技です。
日本人選手とヨーロッパの強豪国の選手では、まだレベルに差はありますが、日々のトレーニングでその差を埋め、2022年のオリンピックでメダルの獲得を狙います。

普段のトレーニングや競技で感じられている課題は何ですか?

技術面での課題はまだまだある

技術面での課題はまだまだあると感じています。
日本には1年を通して滑れる環境が無いため、雪を求めてオフシーズン中にもヨーロッパで合宿を行います。
そのため、雪上でのトレーニングが多くなりがちなので、長いシーズンを戦うためにしっかりと陸上でのトレーニングもするようにしています。

普段や遠征中などの睡眠についてお聞かせください。

シーズンに入るとヨーロッパやアジアなど、世界中を転戦する事になるのですが、今までは柔らかいベッドで眠ると次の日には腰が痛くなりトレーニングにスムーズに入れない事が多々ありました。

AiRを使ってみての感想をお聞かせください。

朝起きたときに腰のだるさや肩の重さを感じる事が無くなった。

これまでは朝起きたときに、腰のだるさや肩の重さを感じていました。AiRのマットレスを使用し始めてからはそういった事が無くなり、スッキリ起きる事が出来ています。

AiRのおススメのポイントを教えてください。

特に、寝つきや目覚めの悪い人、腰痛持ちの人にオススメです。AiRで眠ると、ぐっすりと眠ることができ、次の日に疲労が残らないため、目覚めもよくなりました。

PROFILE

安藤 麻(アルペンスキー)
北海道旭川市で育ち、4歳よりアルペンスキーを始める。
全国中学、インターハイと大回転種目で6連覇を達成。
中学3年生で全日本強化指定選手に選出され、高校3年生で初めてワールドカップに出場。
大学1年生の時には全日本選手権2冠を達成。

ENTRY

アスリートの更なる活躍を応援するため、審査基準に達したアスリートには[エアー]製品の提供を行っております。