Air アスリートサポートプログラム アスリートを応援する新しいカタチAiR アスリートサポートプログラム アスリートを応援する新しいカタチ

取り組まれている競技内容と目標とされているチャレンジを教えてください。

2008年に開催された北京オリンピックより正式種目として行われた、BMXレースをしています。
アメリカではプロリーグとして成立しておりキッズ達のなりたい職業でBMXライダーが上位に入るほどの人気です。
大きなジャンプや時速50キロ程のスピードで駆け抜けていくなど動きが激しくエネルギッシュです。
また、映像コンテンツとしてもエンターテイメント性が高いので、個人的趣味などに分け隔てなく広く一般的に楽しめるスポーツです。

普段のトレーニングや競技で感じられている課題は何ですか?

体のコンディションを整えて怪我をしない体づくりを意識しています。

毎日ハードなトレーニングをしているので、翌日に疲労を残さず、体のコンディションを整えて怪我をしない体づくりを意識しています。

普段や遠征中などの睡眠についてお聞かせください。

レース当日に疲労を残さないことを心がけています。
レースの結果やスキルの向上には、睡眠が大事な要素の1つと考えています。
海外、国内の遠征が多いので、自分にあっていない環境の中でも睡眠をとらなければなりません。
いかに質の高い睡眠をとって万全のコンディションでレースに臨めるかが大事だと思っています。

AiRを使ってみての感想をお聞かせください。

翌朝の疲労感を感じることがなくなりリラックスして就寝することができました。

翌朝の疲労感を感じることがなくなり、リラックスして就寝することができました。
AiRのマットレスを使用してから、就寝前のリラックス感、深い眠りで質の良い睡眠がとれるようになり、目覚めも良くなりました。
疲労も取れて毎日身体がリセットされた状態でトレーニングできるので、意欲的にトレーニングに取り組むことができます。

AiRのおススメのポイントを教えてください。

自宅では、AiR SIマットレス(Regular)を使用していることで、心も体もリラックスする事ができコンディション作りに大変役立っています。
コンパクトなポータブルマットは、いつでもどこでも快適で質の高い睡眠がとれるので遠征以外にも、キャンプやいろいろなシーンにも活用することが出来おすすめです。

愛用中のアイテム

PROFILE

籔田 寿衣(BMXレース)
2002年 大阪府松原市生まれ(14歳)
5歳からBMXをはじめ、2009年(7歳)より国内公式レースに参戦し 2012年(10歳)より海外レースにも参戦を始め、海外生活、海外レースの経験を積む。
2015年(13歳)には、アメリカ、カリフォルニアを拠点にするプロチームと契約を結ぶ。
2013年に2020年東京オリンピック開催が決まり、目標も「日本代表としてオリンピックで メダルを獲得する」という大きな目標を持ち、2014年(13歳)には日本自転車競技連盟、 BMX強化育成指定選手にも選考され日々練習に明け暮れる。

主な戦歴
2012年 UCI BMX世界選手権大会 開催地イギリス   世界2位
2013年 UCI BMX世界選手権大会 開催地ニュージーランド  世界4位
2014年 UCI BMX世界選手権大会 開催地オランダ  世界2位
2015年 UCI BMX世界選手権大会 開催地ベルギー  世界2位

2011年~2016年 全日本BMX選手権大会 優勝 
現在全日本BMX選手権大会6連覇中

2014年より 日本自転車競技連盟 BMX強化育成指定選手

ENTRY

アスリートの更なる活躍を応援するため、審査基準に達したアスリートには[エアー]製品の提供を行っております。