Air アスリートサポートプログラム アスリートを応援する新しいカタチAiR アスリートサポートプログラム アスリートを応援する新しいカタチ

取り組まれている競技内容と目標とされているチャレンジを教えてください。

陸上競技の棒高跳びに取り組んでいます。ポールに自分の力を上手に伝えられたとき、ポールからの反発をもらい、鳥になったような感覚でフワッと空を飛ぶことができる…それが棒高跳びの最大の魅力です。
目標は、5m06の世界ろう記録を更新すること。そして、ろう者のオリンピックであるデフリンピックで金メダルを獲得すること。
応援してくれている息子たちに、自分の跳んでいる姿を見せ、獲得したメダルをかけてあげたいと思っています。

普段のトレーニングや競技で感じられている課題は何ですか?

自分の体調をいいコンディションでキープするのが難しい

仕事との両立、そして年齢による体の変化から、自分の体調をいいコンディションでキープするのが難しいなと感じています。
特に跳躍練習をした後は、体のあちこちが磨耗しますが、仕事があり十分な休みが取れなかったり、年齢的なこともあったりで、回復するのに時間がかかります。
限られた時間の中で質の良い練習を行い、その後しっかり体をケアし、ケガなくいい状態を維持することを大切にしています。

普段や遠征中などの睡眠についてお聞かせください。

宿泊先によって、睡眠スタイルは様々です。ベッドの時もあれば、畳の上に布団を敷く時もあり、その時々によってやはり、自分の体に合う時と合わない時があります。
体に合わなかった時は、起きた時に体が痛くなったり、前日の疲れが残ってしまったりし、スムーズに動き出せないこともありました。
ポータブルのAiRを持ち歩くようになってからは、そのような心配はなくなりました。

AiRを使ってみての感想をお聞かせください。

寝返りもスムーズにうてるので、体の不快感で夜中に目が醒めることもありません。

私はSIマットレスのレギュラータイプを使っていますが、正直に言わせてもらいますと、使い始めた初日は硬く感じ朝起きた時も体に違和感がありました。
しかし、次の日からはその違和感は全くなくなり、逆に寝付きがとてもスムーズになりました。
点で支えると聞いた時は体が不安定になるのではないか…と思いましたが、実際に寝てみると体がしっかりと支えられ、どこも沈み込むところがありませんでした。
寝返りもスムーズにうてるので、体の不快感で夜中に目が醒めることもありません。

AiRのおススメのポイントを教えてください。

その日の疲れをしっかり取り、早く体を回復させることを大切にしている選手にとって質の良い眠りは必要不可欠です。
AiRのフィット感はその眠りを保証してくれると感じています。体が支えられているので、安心して眠れます。

愛用中のアイテム

PROFILE

竹花 康太郎(棒高跳び)
私はろう学校教員であり、生徒たちの体育推進に向けていろいろ取り組んでおります。それと兼ねながら競技も継続してきています。
私の最近の目標は、2017年トルコデフリンピックでの金メダルを獲得することです。
将来的には、デフリンピアンとして子どもに夢や記録を持ってもらうきっかけを生み出す人物像を目指して、指導者としても頑張っていきたいと思っています。
また、2020年東京オリパラにつなげるような成績を残し、聴覚障害者の皆さんが何かの形で参加ができるように努めていきたいと思っております。
今後も引き続き、応援をよろしくお願い致します。

ENTRY

アスリートの更なる活躍を応援するため、審査基準に達したアスリートには[エアー]製品の提供を行っております。