Air アスリートサポートプログラム アスリートを応援する新しいカタチAir アスリートサポートプログラム アスリートを応援する新しいカタチ

取り組まれている競技内容と目標とされているチャレンジを教えてください。

自転車競技。
オリンピックスポーツである自転車競技は、世間で認知のある「競輪」とは違い、様々な種目があります。
ブレーキの付いてない自転車で、特殊な車輪を使用し、専用のトラック競技場でレースをします。ツールドフランスの様に公道を走るロードレースもあります。
私の最終目標は、オリンピックでのメダル獲得です。そこにたどり着くには、四年間の内のW杯や、世界選手権で上位入賞が今の目標です。
まだ今はそのレベルに達してないので、全力でトレーニングに励みチャレンジしていくことが課題です。

普段のトレーニングや競技で感じられている課題は何ですか?

最大パワー値のアップと走力差をカバーできるレーステクニック

2016年10月7日からの2016-2017W杯1.2戦目に出場させて頂きましたが、世界の壁は厚く、オリンピック明けの若手メンバーにも太刀打ちできないほどパワー、持久力、瞬発力全てにおいて圧倒的な差を痛感しました。
今の課題は、最大パワー値のアップと走力差をカバーできるレーステクニックを勉強することです!

普段や遠征中などの睡眠についてお聞かせください。

 高校の頃までの睡眠を考えると、途中で目覚めたり眠るまでに時間がかかったりしていました。
このような状態だと合宿や遠征に行っても次の日に体が回復されないままトレーニングを行っていました。これでは、質の高いトレーニングになりません。
睡眠の質はパフォーマンスに大きく影響すると聞きマットレスをサポートして頂き使用するようになりました。
大学に入ってからトレーニングの強度が上がりベッドに入るとマットレスの包み込んでくれるような心地よさに一瞬で眠ることができます。

AiRを使ってみての感想をお聞かせください。

表面のマットの隆起が心地よく、マットレスの上で包み込まれている様な感覚

体の芯を一直線にして寝ることができる為朝起きて体が疲れていたり痛むことがありません。
表面のマットの隆起が心地よく、マットレスの上で包み込まれている様な感覚で一晩ぐっすり眠ることができます!マットレスに横になるといつでも眠ってしまいそうになります(笑)

AiRのおススメのポイントを教えてください。

このマットレスで1番思うのは、仰向けに寝ても横向きに寝てもどんな体勢でもストレスを感じないことです!
高いレベルを目指す上で毎日のコンディショニングは、アスリートにとって必須です。睡眠は、1日の3分の1近くを占めています。睡眠の質を上げるために寝具にこだわるのも一つの考えであると思います!

PROFILE

今村 駿介(自転車競技)
自転車競技日本代表強化指定選手。
2015ジュニア自転車競技選手権 優勝。
2015アジアジュニア自転車競技選手権 優勝。
2016 全日本自転車競技選手権 優勝。

ENTRY

アスリートの更なる活躍を応援するため、審査基準に達したアスリートには[エアー]製品の提供を行っております。