Air アスリートサポートプログラム アスリートを応援する新しいカタチAiR アスリートサポートプログラム アスリートを応援する新しいカタチ

取り組まれている競技内容と目標とされているチャレンジを教えてください。

パラ卓球(クラス9)
2020年東京パラリンピックでの金メダル獲得。世界ランキングを上げるため、国際大会での上位進出を目指しています。

普段のトレーニングや競技で感じられている課題は何ですか?

体のゆがみをなくしながらパワーアップに取り組むこと

自分は両足に障害があり、左足には装具を付けて生活、プレーを行っています。足に左右差があるためバランスが悪く、腰に負担がかかってしまうので体のケアには気を使っています。
体のゆがみをなくしながらパワーアップに取り組むことが今後の課題です。

普段や遠征中などの睡眠についてお聞かせください。

遠征先では時差もあるため、ストレスなくぐっすり眠るということは非常に重要になります。
しかし、各国のホテルではそれぞれベッドの硬さなどに違いがあるため、自分に合わない硬さのときは、朝起きたときに疲れが残ってしまうことがありました。

AIRを使ってみての感想をお聞かせください。

前の日の疲れもしっかりとれるという実感

AiRのマットレスを使うことで朝起きたときの体の痛みなどがなくなり、前の日の疲れもしっかりとれるという実感があります。
普段の生活で負担のかかる腰にもストレスのない睡眠がとれると思います。

AIRのおススメのポイントを教えてください。

携帯用のマットレスは遠征先にも持ち運びやすく、どこでも同じマットレスで寝ることが出来ます。
環境が変わる遠征先でも質の良い睡眠がとれるため、パフォーマンスの向上にも欠かせないものとなっています。

愛用中のアイテム

PROFILE

岩渕 幸洋(パラ卓球)
パラ卓球(クラス9)早稲田大学所属。
両足に先天性の障害があり、左足に装具を使用しプレー。中学一年時に卓球をはじめ、二年後初めてパラ卓球の存在を知る。
2015年シーズンでは国際大会3大会で優勝、世界ランキングを大きく上げ、リオデジャネイロパラリンピック出場権獲得。
リオでは予選敗退という悔しい結果に終わってしまったが、東京で借りを返すべく金メダル獲得を目指している。

ENTRY

アスリートの更なる活躍を応援するため、審査基準に達したアスリートには[エアー]製品の提供を行っております。