Air アスリートサポートプログラム アスリートを応援する新しいカタチAir アスリートサポートプログラム アスリートを応援する新しいカタチ

取り組まれている競技内容と目標とされているチャレンジを教えてください。

デフ陸上競技 100m
一般の大会ではピストルの音を聞くために補聴器を使用して走っていますが、デフリンピックでは、デフリンピックでは補聴器を外して競技を行いますので、そのためピストルの音の代わりに、スタートランプを使用しています。 目標は2016年世界選手権ブルガリア大会でのメダル獲得、2017年トルコデフリンピック出場に向けて一生懸命練習に励んでおります。

普段のトレーニングや競技で感じられている課題は何ですか?

怪我をしない身体作りと骨盤を上手く使ってパワーを活かすこと

今までウエイトでパワーを頼って走っていましたが、何度も怪我してしまい、現在では怪我をしない身体作りと骨盤を上手く使ってパワーも活かし、自己ベスト(10秒95)を少しずつ縮めていければデフリンピックのメダル(10秒87)に大きく近づける思っています。

普段や遠征中などの睡眠についてお聞かせください。

日本だけではなく、外国もベッドの硬さや枕の高さによって、なかなか眠りに付けないことが多かったです。

AiRを使ってみての感想をお聞かせください。

もう本当に、もうすぐ眠れると思っただけですごく幸せな気分になれます。

エアーのマットレスはすごく寝やすいっていうか、寝心地がよくて、本当に眠るのもスゴく好きですし、もう本当に、もうすぐ眠れると思っただけですごく幸せな気分になれます。

AiRのおススメのポイントを教えてください。

寝ているときが一番幸せ!自然と寝れることを実感することが出来ると思います。

PROFILE

三枝浩基(デフ陸上)
所属:エイベックス・チャレンジド・アスリート
専門種目:100m
2013年ソフィアデフリンピックで日本人として32年ぶりのファイナリストとなり、8位入賞を果たした日本短距離界のホープ。2016年スタラ・サゴサ世界選手権大会、2017年サムスンデフリンピックでのメダル獲得を目指し、デフだけではなく健常者大会にも積極的に出場しています。

ENTRY

アスリートの更なる活躍を応援するため、審査基準に達したアスリートには[エアー]製品の提供を行っております。