Air アスリートサポートプログラム アスリートを応援する新しいカタチAiR アスリートサポートプログラム アスリートを応援する新しいカタチ

取り組まれている競技内容と目標とされているチャレンジを教えてください。

目標は、いつでも得点を取れる選手になることです。「良い選手」の定義は様々で、パスが上手い選手、ディフェンスが上手い選手、声を出せる選手、キックが上手い選手。フットサルは、他のスポーツよりも、色々な個性が輝くスポーツだと思っています。でも、そのなかでも私の個性は「得点をとれること」だと思っています。だからこそ、世界大会や国内大会など、どんな舞台でも得点をとれるように日々練習に励んでいます。大きな目標としては、2019年に開催予定のアジア女子フットサル選手権大会に日本女子代表として出場し、チーム優勝、かつ個人で大会得点王をとりたいです。

普段のトレーニングや競技で感じられている課題は何ですか?

いかに自分の身体をうまく使って勝負するかが鍵。

トレーニングや競技面での現在の課題は、身体をうまく使えるようになることです。フットサルはフィジカルコンタクトの多いスポーツなので、相手に当たられた際に負けないようにするというパワーも必要なのですが、一方で、素早いターンや細かなフェイントをする際のバランスや柔軟性も必要になってきます。特に海外の選手とやるときは、相手の方が大柄で手足のリーチも長いので、いかに自分の身体をうまく使って勝負するかが鍵となってきます。

普段や遠征中などの睡眠についてお聞かせください。

遠征に行くと、普段と異なる睡眠環境で、あまり寝付けないこともあります。ベッドの硬さや、雑音、部屋の照明など、細かいことですが、遠征中は心身ともに疲れているので、細かいことがすごく気になってしまいます。

AiRを使ってみての感想をお聞かせください。

寝起きがすごくスッキリするようになりました。

AiRのマットレスを使ってみて、最初は少し慣れるまでに時間がかかりましたが、いつの日からか、寝起きがすごくスッキリするようになりました。それからは、どんなに疲れていても、朝起きたときの身体の状態がほぼ同じだという感覚すらあります。驚きの一言です。

AiRのおススメのポイントを教えてください。

AiRのおすすめポイントは、柔らかいけど、沈まないという感覚です。 マットの上に寝そべった際に、ふわっと身体を包み込んでくれるのですが、しっかりと支えてくれているので、凄く不思議な感じです。しかし、その構造のおかげで、変な体勢で寝てしまい、朝起きた際にどこか一ヶ所だけ痛いなんてことは、全くなくなりました。

愛用中のアイテム

PROFILE

吉林千景(女子フットサル)
幼い頃よりサッカーをはじめ、中学・高校年代では、日テレ・メニーナでプレー。2010年度、高校3年生時に、FUNフットサルクラブレ ディースに入部し、フットサルへと転向。翌年、2011年度には全日本選手権において優勝、得点王を獲得し、フットサル女子日本代表に選出される。2012年には、フットサル日本女子代表としてアジアインドアゲームズに出場し、大会最多得点でチームを優勝に導く。その後、2014年1月に単身でスペインに渡り、スペイン1部リーグの「Universidad de Alicante」に移籍し、2013-2014シーズン、2014-2015シーズンの約1年半、スペインでプレー。2015年7月からは、活動の場を 日本に戻し、現在は「VEEX TOKYO Ladies」でプレー。2015年9月には、第1回アジア女子フットサル選手権において、チームは準優勝ながら、大会最多得点である7点をマークした。

ENTRY

アスリートの更なる活躍を応援するため、審査基準に達したアスリートには[エアー]製品の提供を行っております。