Air アスリートサポートプログラム アスリートを応援する新しいカタチAir アスリートサポートプログラム アスリートを応援する新しいカタチ

取り組まれている競技内容と目標とされているチャレンジを教えてください。

私はカヌースプリントという競技を行っています。カヌースプリントは水上のF-1とも呼ばれています。この競技は男子は1000m・200mがありシングル・ペア・フォアの種目があります。その中で私は200mのペアでオリンピックのメダルを目指しています。

普段のトレーニングや競技で感じられている課題は何ですか?

課題やはり海外のトップクラスの人との体格差は大きな課題になっています。海外の選手との除脂肪体重の差は10kg以上にもなります。いかに脂肪を付けずに筋肉量だけで増やせるかが課題となっています。そのを少しずつ縮めていければオリンピックのメダルに大きく近づける思っています。

普段や遠征中などの睡眠についてお聞かせください。

自分なりに工夫した睡眠を心がける。

遠征中の睡眠については、私たちは年間で約11ヶ月は合宿を行っています。ホテルによって洋室であったり和室であったりします。自分なりに工夫して寝やすいようにして睡眠はとるようにしています。

AiRを使ってみての感想をお聞かせください。

疲れの残り方が全然違うので練習に対する集中力も持続できる。

AiRのマットレスを提供してもらってから毎日使っているんですが、私はあまりマットレスを気にしたことがなかったんですがAiRを使ってから朝起きた時の目覚めの違いにビックリしました。疲れの残り方が全然違うので練習に対する集中力も持続できるのでマットレスの重要性を知れて良かったと思います。

AiRのおススメのポイントを教えてください。

おすすめのポイントは個々の体格によってマットの硬さが選択できることです。また遠征が多い人はポータブルのマットもあるので海外にも気兼ねなく持っていけるのもいいと思います。最大のポイントはやはり寝やすさだと思います。アスリートのとって睡眠はとても重要なことだと思います。睡眠でストレスなく寝れるのはAiRのマットレスが一番だと思います。

PROFILE

藤嶋大規(カヌースプリント)
2012年ロンドンオリンピックに男子カヤックとして28年ぶりに出場し10位。 仁川アジア大会ではダブルで優勝しました。 国際大会以外にも日本選手権や国民体育大会で優勝もしています。 現在もオリンピックの強化指定選手として1年を通して合宿を行っています。 2016年に行われるリオネジャネイロオリンピックではロンドンオリンピックの成績を上回りたいと思います。

ENTRY

アスリートの更なる活躍を応援するため、審査基準に達したアスリートには[エアー]製品の提供を行っております。