Air アスリートサポートプログラム アスリートを応援する新しいカタチAir アスリートサポートプログラム アスリートを応援する新しいカタチ

取り組まれている競技内容と目標とされているチャレンジを教えてください。

フリーダイビングという、一呼吸で何m深く、何m長く泳げるか、また何分息を止めることができるかを競う競技に取り組んでいます。
目標は全種目の世界記録更新です!

普段のトレーニングや競技で感じられている課題は何ですか?

フリーダイビングはフィジカルはもちろんのこと、メンタルの状態も競技に大きくかかわってきます。
大会中も日頃の練習の時もその日の体、精神、思考の状態を整えることが大切だと思っています。
そのためには日常の生活リズムや食事、睡眠、練習の質を向上させることが課題であると考えています。

普段や遠征中などの睡眠についてお聞かせください。

大会のほとんどが海外で時差も大きく、また滞在期間も長いため、睡眠は最も大切にしていることの一つです。
しかし合わないベッドで筋肉がこってしまったり、気候や時差ボケで浅い眠りになり夢ばかり見てしまうこともあります。

AiRを使ってみての感想をお聞かせください。

心地よい目覚めで始まる日の練習は自然と集中力も高まりいいダイブができます。

もともと寝つきは良いのですが、寝起きが悪く、疲労感を感じたり、考え事により悪い夢を見ることが多かったです。
AiRのマットレスで睡眠をとるときは寝る前に考え事をし過ぎていても不思議と夢を見ることも少なく、深い眠りにつくことが出来ています。
心地よい目覚めで始まる日の練習は自然と集中力も高まりいいダイブができます。

AiRのおススメのポイントを教えてください。

体も心もリラックスしてくれます。体からは疲労を、心と頭からは雑念を優しく取り除いてくれます。

PROFILE

木下 紗佑里(フリーダイビング)
2014年12月 コンスタントウィズアウトフィン 58m 日本記録更新、フリーイマージョン 68m 日本記録更新
2015年5月 コンスタントウィズアウトフィン 60m 日本記録更新 世界歴代4位、フリーイマージョン 80m 日本記録更新
2015年9月 世界選手権にて
 ・コンスタントウィズアウトフィン-58m優勝(アジア人・日本人初)
 ・コンスタントウエイト-88m準優勝
フリーダイビングはこれから注目される競技です。健康でなければ大自然の海深くには潜ることは出来ません。フリーダイバーはみな健康に気を使っています。私もそのなかの1人です。
私は競技歴は浅いですが、現在は日本のトップとして活動しております。競技はもちろん大会の運営なども行っています。まだまだ歴史の浅い競技なので、これから作り上げるものが多くそれに対してもやりがいを感じています。私自身は世界記録を目指し日々沖縄の海とプールでトレーニングをしています!どうぞ宜しくお願い致します。

ENTRY

アスリートの更なる活躍を応援するため、審査基準に達したアスリートには[エアー]製品の提供を行っております。