Air アスリートサポートプログラム アスリートを応援する新しいカタチAir アスリートサポートプログラム アスリートを応援する新しいカタチ

取り組まれている競技内容と目標とされているチャレンジを教えてください。

キングオブスキーになれる日を夢見て日々チャレンジ

スキーのノルディック複合をやっています。スキージャンプとクロスカントリスキーの両方を行う競技です。スキージャンプの得点をタイム差に換算してクロスカントリスキーをスタートし、先にゴールした人が勝ちという、複雑なようでシンプルな種目です。瞬発力と持久力の両方が求められ、また全く違う種類のスキーを操作できなければいけないことから、勝者はキングオブスキーと呼ばれます。

ワールドカップ総合優勝やオリンピックと世界選手権での金メダル獲得を目指し、キングオブスキーになれる日を夢見て日々チャレンジしています。

普段のトレーニングや競技で感じられている課題は何ですか?

クロスカントリスキーの力不足は感じています。全く異なる体力と技術が必要になるためバランス良くトレーニングすることが難しく、どちらかが疎かになりやすいです。僕はどちらかといえばジャンプの方に少し偏りがちなので、バランス良くトレーニングできるように普段から意識しています。

普段や遠征中などの睡眠についてお聞かせください。

質のいい睡眠は、心身ともに回復と安定を保つために欠かせないものだと思っています。そのため、普段から自分の眠りやすい環境を整えるように心がけています。しかし、遠征中は眠る状況も変わり、宿の部屋なのであまり環境を大きく変えられず、眠るための環境を整えることが難しいことが多いです。

AiRを使ってみての感想をお聞かせください。

AiRのマットレスを使っていて一番感じることは、寝付きの良さです。
トレーニングの強度が上がる期間には短時間の昼寝もよくしますが、AiRは短い時間でもスッと気持ち良く寝られるので、起きてからすごくスッキリした状態で次のトレーニングに臨めます。また、モバイルマットとピローを持ち歩いているので、環境が変わっても大体同じ感覚で眠りにつけるため、睡眠の質をキープするのに重宝しています。

AiRのおススメのポイントを教えてください。

自分の眠れるポジションを自然と見つけやすいところ

AiRのいいところは、自分の眠れるポジションを自然と見つけやすいところです。寝返りを打つ際にもつっかかりやストレスが少なく、今一番自分が眠りやすい姿勢に簡単に持っていくことができます。これが実感できると、起きた時のスッキリ感がすごく感じられるようになりました。

PROFILE

渡部 善斗(ノルディックスキー)
長野県白馬村出身のノルディック複合選手。ソチオリンピック個人銀メダリスト。
白馬高在学中の平成18年トリノ冬季五輪に出場してスプリント19位。21年ノルディック世界選手権チェコ・リベレツ大会の複合団体で優勝を飾る。22年バンクーバー冬季五輪では個人ラージヒル9位,団体で6位入賞。26年のソチ冬季五輪代表となり、個人ノーマルヒルで銀メダル、個人ラージヒル6位入賞、ラージヒル団体5位入賞。

ENTRY

アスリートの更なる活躍を応援するため、審査基準に達したアスリートには[エアー]製品の提供を行っております。